株式会社エースRECRUIT SITE

COMPANY

会社を知る

「お客様が求める商品を届ける」ことはエースの大切なフィロソフィー。
現場の判断を尊重し、より多様なニーズに応えるための挑戦を続けています。

エースの今

お客様のことは現場が知っている。
売れる!という判断を信じます

現場で売れると思えば
独自に仕入れていい

各店舗で何を売るかは店長に一任。その店舗のお客様が何を求めているかは、現場の社員が最もよく知っていると考えるからです。旅先で食べた美味しいものを「売りたい!」という社員がいたら、スタッフ総出で仕入れルートを探して店舗に並べる、といったことも日常茶飯事です。

店舗イメージ

大手スーパーにできない
機動力の高い企画が強み

地域の小さな生産者の商品を販売したり、百貨店のような高級ブランド品をリーズナブルに提供したりと、大手のスーパーができない企画にも日々挑戦中。東日本大震災直後の東北で、「復興に向けて頑張る地元メーカーの商品を販売したい!」と考え、取引のための体制づくりからサポートして回った店長もいました。

店舗イメージ

パートナー生産者とともに
オリジナル商品も開発

よいものを作っている生産者との関係を自ら開拓し、エースのお客様に喜ばれそうなオリジナル商品の開発を行うこともあります。それができるのは、しがらみに縛られず取引先を選べる体制があるから。現在、福井県の小さな酒造会社とともに、酒米の田植えから行うプロジェクトなども進行中です。

店舗イメージ

エースの未来

お客様の嗜好の変化を見据えて
全く新しい業態に挑戦し続けます

創業以来、常に革新的なサービスに挑戦してきたエースは、
どれだけ時代が変わっても、お客様に支持され続けるために、
今後、ますます究極のカタチにサービスを進化させていきます。

エースはもともと大型総合スーパーからスタートし、衣料や生鮮を取り扱っていた時代もありました。それが今のようにグロッサリーを専門に扱うようになったのは、時代に合わせて業態を変えてきたからに他なりません。
時代が変わればお客様の求めるものは変わります。今お客様に愛されている「北野エース」も、今後支持されなくなる時代が来るかもしれません。そのためにエースは、常に新しい取り組みを考えています。
時代や景気の変動により、お客様が求めるものは変わっていきます。ですが、「より良いものを、より安く」というお客様のニーズはさらに高まり、ディスカウントショップといっても、単に安いだけではなく、「質」の高さも求められるのです。「KITANO ACE ONE」のディスカウントコーナーは、そうした発想から生まれました。
新たな取り組みの一つとして、現在「究極の商品を、究極のサービスで提供する」コンセプトショップも計画中です。イメージしているのは、まるで百貨店の高級ブランド売り場のようにショーケースに入れ、すべてのお客様に販売員が丁寧な説明を添えて販売するようなスタイル。これを、どのようなカタチで実現させるか、社員自身もワクワクしながらアイディアを練っているところです。
「個々のお客様がほしい商品を1個からでも」という「個売」への挑戦はこれからも続きます。そのうえで、新たなスタイルに挑み続けたい。エースの未来をともに作っていく仲間を私たちは求めています。