株式会社エースRECRUIT SITE

INTERVIEW

若手社員対談

田口帆夏2019年入社
副店長

×

佐々木健太2019年入社

「早くからやりたいことに挑戦できるって本当?」
実際の様子をお伝えするために、2019年入社の先輩社員が本音でトーク。
入社動機から仕事のやりがい、お休みのことまで、さまざまなテーマで語ってもらいました。

エースに入社した理由

好きな食品をお客様に発信できることに惹かれました

入社後早い段階から、自分で食品を選べるのも魅力です

田口 子供の頃、お菓子を親と一緒に作ったり、友達にあげて喜ばれたりした経験がもとで食に興味を持って以来、将来は食品業界で働きたいとずっと思っていたんです。高校で進路を決めるときも、文系科目のほうが得意なのに、食品業界への就職を考えて理系を選んだほど。佐々木さんがこの業界に興味を持ったのはいつ頃だった?

佐々木 僕は大学3年生くらいの頃かな。学生時代は食品スーパーでアルバイトをしていて、「『食』って誰もが1日3回接するもの。それほど人間にとっての基本だからこそ、これを極めればどんな仕事でもできるようになるんじゃないか」と思うようになったんです。大学で過疎地域を盛り上げるプロジェクトに取り組んだとき、地域によって食の個性が違うことを実感し、地域ごとの面白い食品を見つけて発信できればいいなと思ったこともきっかけになりました。最初は、取り扱い品目の多い卸売業がいいかなと思ってたんですけど、お客様のニーズを直接汲み取りながら発信できるという意味で、小売に惹かれるようになったんです。

田口 私も最初は卸を考えていたんですよね。でも少し幅を広げて小売業も視野に入れてみたとき、エースの扱うグロサリーというジャンルって面白いなと思ったんです。グロサリーの面白さは、生鮮食品と違ってメーカーごとの違いが大きく、それをお客様に伝えて売れること。エースなら品揃えも多く、店に置く商品を入社後早い段階から自分で選べるというのも他にはない魅力でした。

佐々木 面接のとき人事の人がエースの商品を並べて、「気になる商品があったら食べてみていいよ」と言われたのには驚きましたね!今も、店のスタッフが実際に商品を試食して、味を理解したうえで売っています。

現在の仕事内容

菓子食品、日配など、部門ごとに仕入れや陳列を工夫しています

店舗によってスタイルが違うのは意外でした

田口 現在は、和洋日配、加工肉を担当しています。毎日店舗に配送される日配は、回転が早い分、お店の特徴がよくわかるんですよね。難しいながらも面白いジャンルです。21年2月からは副店長にもなりました。副店長は、店長不在のときでも店が支障なく機能するよう全体を理解しておかなければなりませんが、その他は今までの仕事とそんなに変わらないですね。

佐々木 いやいや、副店長がしっかりしてくれているから僕らも安心して自分の仕事ができるんですよ!(笑) 現在の担当は食品菓子ですが、食品菓子のジャンルは種類が圧倒的に多くて、展開の方法を考えるのも面白いんです。陳列の仕方一つ取っても、箱に入れ、隙間を作らずパンパンにして積むのが迫力が出てよいといったふうに「技」があるんですよね。

田口 私は入社以来ずっと調布店勤務だけど、佐々木さんは?

佐々木 僕はここで3店目ですね。入社前とイメージと比べて意外だったのは、実際働いてみるとお店によって全くスタイルが違うことでした。たとえば、以前いた二子玉川店は駅近で若いお客さんが多く、自分とも年齢が近い分商品提案はやりやすかったんですけど、近くにライバル店があり、差別化には頭を悩ませました。

田口 調布店はお客様にも地元の方が多くて、平日は高齢のお客様メインだから、たしかに店舗による違いは大きいですよね。

仕事を通じて感じるやりがい

自分で選び、交渉して仕入れた商品を手にとってもらえるのが幸せです

メーカーさんと直接交渉できる商談会にも、入社後すぐ参加しました

田口 印象に残っている仕事といえば、新入社員のとき、自分が売りたいものを一つ選び、自分でポップを描く仕事をさせてもらったこと。選んだのは因島のはっさくを使った『はっさくチューハイ』という商品で、お酒が苦手な自分でも美味しく飲めたのと、独特の味わいのあるキャラクターが面白くて、「ぜひこれを描いて紹介したい!」と思ったんです。普段お店のポップを描いてくれているポップライターさんに教えてもらいながら描いたのですが、それを見てお客さんが商品を手に取ってくれる姿を見たときには大きなやりがいを感じました。

佐々木 実際に自分の好きなものを仕入れて売ったこともあります。個人的に「ご飯のおとも」が大好きで、普段からいろいろ情報収集しているのですが、ネットで見つけて気になっていた商品を実際に販売できたのは嬉しかったです。そのときは、メーカーさんとの原価交渉も自分で行いました。

田口 実際に店頭に並べ、「コレ何だろう?」という顔をしているお客様に、「美味しいですよ!」と声をかけて味や食べ方を説明したりできるのもいいですよね。

佐々木 それでお客様がこちらの名前を覚えてくださったりして、ますます嬉しくなるんですよね。そういえば、田口さんは商談会には行ったことはある?

田口 ありますよ。商談会はバイヤーが呼んだメーカーさんが商品を持って集まり、直接さまざまな交渉ができる場。入社後すぐに店長に連れて行ってもらった商談会では、「なにか一つ好きな商品を選んでいいよ」と言われて、カップタイプのドリンクを一つ仕入れることになりました。

佐々木 いいなあ!残念ながら去年、コロナの影響で商談会の開催自体中断されてしまい、僕は行けていないんですが、再開されたら行かせてもらえるはずなので楽しみにしています。

エースの社風

自由は自由でも『勉強になる自由』がエースの社風です

休日はシフト制なので、平日しか開いていないお店にも行けます

佐々木 エースの社風は「自由」。担当部門についても、「このジャンルを担当したい」と店長にかけあってやらせてもらったこともありました。といっても、ただの自由ではなく「勉強になる自由」なんですよね。「何でもやっていい」とは言われるけれど、売れなかったらその理由は自分でちゃんと考えないといけない。それが勉強になるんです。

田口 自分が選んだ商品については、万が一売れなくても、できる限りの努力をするとか、他の担当商品できちんと売上を上げるといった工夫が問われるから、責任を伴う自由ともいえます。ただ、一つの商品を「仕入れて終わり」ではなく、一貫して責任を持って見届けられるのはやりがいでもありますよね。

佐々木 仕事にはやりがいを感じていますが、もちろん休みもしっかり週2日取っていますよ。毎週土日が休みという仕事ではないけれど、シフト制ならではのよさもありますよね。たとえば僕はサッカーが好きでよく試合を見に行くんですけど、平日の試合でも、その日を最初から休日にしておけば、有給を取らずに見に行くことができます。

田口 それはあるね!私は街歩きが好きで、とくにパン屋さんが大好きなんですけど、週3日、平日の日中にしか開いていないようなパン屋さんもあって、そういうところに行きやすいのはこの仕事のいいところだな、と思います。

今後の目標

店舗を離れ、商品の専門家を目指してみたい

店長としてお店の『色』を作ることに憧れます

佐々木 田口さんは今副店長だけど、今後どうしていきたいと思ってるの?

田口 私はもっとじっくり商品に関わりたいかな。だから、関連会社の卸売部門にも興味があります。店舗にいると接客も考えていくことになるけれど、商品に集中したいという気持ちもあり、そうなると店舗を離れた仕事も経験してみたいと思うんです。佐々木さんは?

佐々木 僕は、まずはやっぱり店長になりたいですね。「お店の『色』をどう作り、何を売っていくかを考え、どうすればスタッフが満足して働けるか?」ということを考える、マネジメント的な仕事に挑戦してみたいです。その先のステップとしては、商品を仕入れるだけでなく、自分たちで商品を作ってみたいという気持ちもありますね。

田口 それはぜひやってみてほしいな!エースの名前で全くのゼロから企画した商品を世に出せたら素晴らしいよね。

佐々木 さらにそれが人気商品になり、よそのスーパーでも取り扱ってもらえるようになったら凄いな!と思っています。就活生に伝えたいことは、とにかく食品が好きなら一度は面接を受けてみてほしいということ。そこで人事の人と話すだけでも、食品業界のことがよくわかって絶対楽しいと思いますよ。

田口 そして面接では聞きたいことを遠慮なく聞いてみてください。私自身も、お給料や休日のことなど、何でも話してもらえて納得することができました。

佐々木 食品が好きな人はもちろん、誰かにワクワクを伝えることや、企画が好きな人にも向いていると思います。ぜひ面接に来てみてくださいね!

BACK TO INDEX